[労働審判体験記:8]札幌地方裁判所と労働審判室の中身

このブログでは、会社を解雇されてから労働審判で決着までの実体験を書いています。

この記事では裁判所内や労働審判室がどんな感じかを記載しています。

すべての内容は下記記事から参照できます。

労働審判についての記事まとめ

裁判所に行きました

労働審判は大通公園沿いの札幌高等・地方裁判所合同庁舎で行われました。

人生で一度も入ることのない人の方が多いであろう裁判所、逆転裁判とか好きだったので傍聴してみたいと思うことはありました。

…でも、まさか自分が当事者として入ることになろうとは思ってもいませんでした。

裁判所に入ると手荷物検査が実施されています。

空港の搭乗口にあるような金属探知機に通されて、危険物を持っていないか確認されました。

Embed from Getty Images

こんな感じのやつです。

手荷物検査や身体検査を終えたものの到着が早すぎたようで、合流場所を探すついでに控え室の場所などを下見していました。

10分ほど経過して僕側の弁護士さんが到着し、どういったことを主張するのかをブリーフィングしました。


労働審判室に入りました

控え室に通されてから10分ほどしたら係官の人が出欠の確認にやってきて、程なく労働審判室に通されました。

ちなみに労働審判室は2階の東の一番端側にあります(外から見るとこの部屋)。

労働審判室の内部は図にするとこんな感じです。

環境によっては小さすぎて読みにくいかもしれませんので、大きくした図はこちらから見てください。

事前にWeb上で労働審判について調べてましたが「会議室のような場所で行われる」ということが各所で書かれていました。

木製の円卓と、それを囲むようにしてワーキングチェアがあるので、確かに少し広めの会議室といったところです。

…しかし、ここが会議室ではないことは、入り口からはっきりわかります。

柵と傍聴席がある……!

会議室に柵と、会議を眺める席がたくさんある(しかも誰もいない)という、ものすごい違和感がある光景です。

労働審判は原則非公開なのに何故傍聴席があるんだ?と不思議に思い、後から電話で札幌地方裁判所に聞きました。

これはこの部屋を民事訴訟でも使う場合があるためと、労働者が一人で入れない事情(重度の鬱病で話せないなど)がある場合に家族などが座るためにあるそうです。



労働審判の参加者が集まりました

僕と弁護士さん2人の労働者側が通されて間もなく、会社側の弁護士2人と社長と部長が入って来て、図の通り3対4の体制で向かい合う形で座りました。

相手の弁護士は2人とも男性で、社長の隣には経験豊富そうな中年の人が座り、その隣の弁護士は当時24歳の僕より少し年上ぐらいの若い人でした。

中年の弁護士はなぜか労働審判中ほとんど口を開かず、概要説明や答弁は若い弁護士が行っていました。

着席から3分ぐらい待機してたのですが、その時は緊張と気まずさで情けないことに萎縮してしまいました。

お互い知ってる顔ということもあり、お互いに社長と部長の顔をなかなか見ることができず、向こうも目を合わせようとしませんでした。

着席から数分後、労働審判委員会の3人が入って来ました。

労働審判に関わる労働審判委員会についての詳しい内容は、下の記事の『労働審判をオススメする3つの理由』を参考にしてください。

[不当解雇]実体験から見た裁判と労働審判の違い

審判員の特徴ですが、このような人たちでした。

  • 労働者側はスーツに作業着を羽織ったラフで柔和な印象を受ける人
  • 会社側は紺色のスーツを締めて、表情もから厳そうなな人
  • 裁判長は黒スーツで会社側同様に厳しそうな人

入ってきた瞬間その場にいた全員が起立し、頭を下げます。

事前にこのことを聞かされて居なかったので、周りが立ち上がったのを見て慌てて立ち上がりました。

労働審判委員会の皆さんが定位置につくと裁判長が

「これより、第1回○○、○○号労働審判を開始します」

と宣言し、全員が着席します(僕が申し立てたものと、会社から申し立てられた審判の2つの労働審判があったため、2つの番号が読み上げられました)。

これから労働審判が始まります。次に1回目の審判の内容を書いています。