500円玉貯金を1年間やってみて、めっちゃ貯まったことと、ATMに突っ込んだときの記録

2018年7月6日

ビットコインはじめたらあっという間に突っ込んだ額の3分の1がすっ飛んだよ!!!『なー』です。

堅実な貯金こそ一番なのかもしれませんね(遠い目)。そんな貯金のお話です。

500円玉貯金を始めよう

僕は500円玉を使いません。500円玉を手に入れたら専用の貯金箱に突っ込んでます。

決済には日頃からクレジットカードや電子マネーを使っているのですが、支払いが現金のみの店に行くこともあるので意外と貯まります。

無職期間の時に貯金が底をついて一度中断していたのですが、2017年に入ってからイチから再開し始めました。

そして1年でたまりに貯まった500円玉、年末に僕はこんなツイートしました。

この時点で11万円over。この後も正月の出費でできたお釣りで少し増えてます。

この大量の500円玉、一度精算してしまおうと、銀行に預けることにしました。


貯めた500円玉を銀行に持って行こう

大量の500円玉が入った袋を貯金箱に入れて、貯金箱ごと持って街中まで行きます。袋破れたら大変なので…

僕が使ってる銀行は北海道外の銀行なので、街中まで行かないとATMはおろか、支店もないのです。

けっこうな大金だし、持って歩いて引ったくりにあったらどうしようか…という不安があるんですよね。鞄揺らすとジャラジャラ鳴るし。

でもそれ以上に辛いのが

札じゃなくてオール硬貨だから重いんだよな…

これを鞄に入れて列車乗って運搬するわけですが、僕の普段の持ち物
・Mac book Pro (2015年モデル)
・7インチタブレット
・Nintendo Switch
・ヘッドホン
・モバイルバッテリー
・財布

これに大量の500円玉を追加すると

総重量約7kg

あまりに重いので今回Switchには留守番をお願いしました。

 

覚悟を決めて銀行へ向かい、30分ほど列車に揺られATMまで到着。駅から1kmぐらいしか歩いてないのに肩いてーよ。

あとはひたすら硬貨投入口に突っ込みます。

もう手つきが完全にスロットにメダル投入する人のそれ。

このまま一気にいくぞーと思ったら

ギブアップとのことです。最大30枚までしか入らなかった模様。

この時点での入金金額は15,000円。

これでひとまず入金。さてもういっちょいくぞーと思ったら突然店員に声をかけられ。

「うちは小規模の支店なので、一度に20枚以上の入金はお断りさせていただいてます…」

とまさかの中断を命じられました。

でもまだ200枚は間違いなくある500円玉を持って帰るわけにも行かなかったので…

別の銀行で再挑戦。前の会社の給与振込のためだけにつくった口座をひさびさに使いました。

さっきみたいに一枚ずつ投じるわけではなくまとめて放り込む形式。

一度に100枚しか入れられないので繰り返すこと3回。こっちの方が超楽ちん。

預け終えると、毎回のようにこの画面のまま3分ぐらい待たされます。この間ATMからは小銭がぶつかり合う音がカチャカチャと何度も聞こえてきます。

すいている時間帯だったからいいものの、これが混雑してる時間帯なら出禁ものですわ。

 

そしてその結果…

もともと口座には5,550円入ってました。急だったもんで口座をカラにするのを忘れてましてな…

111,550円-5,550円で
106,000円

さっき中断した銀行の分15,000円を足すとその合計は

121,000円

かなり貯まってました。ずっしりくるのも納得。

貯金の使い道

貯めた当初は、特に目的があったわけではありません。でも、いっぱいになったら2017年に京都に行ったときのように、また遠方のゲーセンまで行こうかなぁと思ってました。

でも、トイレ借りるついでにうっかり打った低貸のパチスロから強烈なインスピレーションを受けて、プログラムを勉強し直そうと思い立ちました。

結果、この貯金をあてにしてTechacademyのAndroidとUnityコースに申し込み40万円を突っ込みました。

なので今年はノー旅行でフィニッシュです。

自己啓発に使うならいいでしょうと前向きになりつつも、一気に貯金吹っ飛ばしちゃったなぁと後悔もあったりします。てか、おもくそオーバーしとるやん。

せっかくなのでTechacademyの内容もネタにしてやろうと思います。

 

 

銀行から出て軽くなった鞄をもって昼飯。500円!

1000円札出してお釣りの500円玉獲得。またイチから500円玉貯めますよ!