非正規品Officeを販売する「株式会社ヒロタ」について調べてみた

2019年2月26日

1つ前に「非正規品Officeの見分け方」の記事を書きました。

もし購入しようとしているOfficeが正規品かどうか心配な場合はこちらが参考になります。

いたる所にある非正規品Microsoft Officeを販売するショップの見分け方

今回、この記事で非正規品を販売するショップの例として挙げた「E-SOFT.NET」について会社情報を探ってみました。

会社概要を探ってみた

ここ、Officeについての情報を発信するブログもやっているようです…が、日本語がヒジョーに怪しいです。ちょっと抜粋しても

Office 2016は永続ライセンスで新機能は更新されませんですが、Office 365とOffice Premiumは常に最新機能を使える。

それで、今回発売されたOffice 2019は、Office 365、Office Premium のOffice 2016で既にアップデートされた新機能をまとめてリリースしたものだ。

そのため、今後Office 365では「Office 2016」 や 「Office 2019」 といった年号がつけられたバージョンはリリースされません。

Office 365を利用しているユーザーは分かると思いますが、Wordアプリなどを開くと「Office 2016」が消えていて、代わりに「Office 365」って表示されるようになっている。

言いたいことがなんとなくもわからず、日本語にものすごく違和感がある。誤字とかそういうのとは違うしさぁ。

URL張っておきますが、アクセスは自己責任でお願いします。
https://www.e-soft.net/post-1714.html

ソースコード見たら何か面白そうなの書いてないかなーと思って覗いて見ると…

あれ?どこかで見たことあるアドレスだぞ…って松本博樹さんのブログじゃねーか!画像直リンで勝手に使ってんじゃねーよ!

…と、この時点で結末が読めてしまったかもしれません。

会社概要を見ると…

株式会社ヒロタ」って社名が出てますね。

この会社についてググってみたところ…

・E-SOFT.NET
・Esoft-shop
・MsWinOffice.COM

など、コピー品オフィスを販売してるショッピングサイトを複数運営していることが確認できました。

「Esoft-shop」はかつてYahooにも出店していたことが確認できます(現在は休業中)。

「イソフトジョンプ」って…w

なんと登記も行っているようで、国税庁の法人番号公表サイトに記載があります。

株式会社ヒロタの情報 – 国税庁法人番号公表サイト

住所は「北海道苫小牧市明野元町1-10-13ベルメゾンTD202」とあります。北海道にあるんですね…しかも苫小牧。けっこう辺境じゃないの。

まあ番地からも推測できましたが、Googleマップのストリートビューを見ると

ただの安アパートです。

こんなところで事業をやってるとは思えない。

no-image

撮影されたのが2015年だから、本当に今もここで事業やってるのかわからないんだよね…

no-image

じゃあ実際に見に行ってみればいいんじゃない?

no-image

いや…いくらなんでも遠すぎるよ。片道100km以上あるんだよ?

no-image

今、無職なんだから暇でしょ。いくらでも行ってこれるじゃん

no-image

う…ぐっ…なんも言い返せんね…

そんなわけでものすごく時間があるので、

100km以上走って行ってみました

4日前であれば、市全面協力のとまこまいコスプレフェスタが開催してたので、どうせならこの時に行けば良かったなぁと後悔しています。

平日のど真ん中、アパートの様子を見るためだけにスクーターで100kmも走って見に行くなんて、まさに暇を極めし者…

11月に入っており、そろそろ雪が降る時期。トーゼンですが、気温もかなり低い。

この日は晴れていたものの風が強く、気温は8度。60kmも出すと体感気温はおよそ-8度以下。これで1時間ぐらい走るわけでクソ寒いです。

田や畑は作物を取り終えて荒れ果てており、木々も葉っぱを散らせているので緑を楽しむこともできず、ひたすら殺風景な道を走り続けます。

no-image

何が楽しくてこんなことをやってるんだ…

とはいえ、まだスクーター乗り始めて1ヶ月も経過していないこともあり、走るだけでもけっこう楽しい。

調査が終わったらおいしいと評判のパン屋や千歳のレラに行って自分へのご褒美としよう…というささやかな楽しみを持ちつつ、向かいました。


会社概要に載ってる住所を実際に見に行きました

アパートはストリートビューでみたまんま。けっこう年数経ってそうです。

住所に202とあったので2回に上がってみましたが、扉には社名などなにもなし。事業をやっている様子はまずありません。

このアパート、なかなかに奇妙です。1部屋たりとも表札がなく、誰が住んでいるのかわからないのです。

とりあえず管理会社に連絡して情報を聞き出せないか…と思いましたが、連絡先が剥がれており、管理会社もわからない。

立地といい、物件の特徴といい、よく考えられてます。

全然業者と関係ない人が住んでる可能性も考えられるので、今回インターホン押して訪ねることはしません。

この時点で収穫はナシ。ストリートビュー以上の情報は手に入らず無駄足…と思いきや、唯一違っていた点がありました。

ストリートビューの画像ではゴミ捨て場がすげーボロい木箱でしたが…

実際に行ってみると鉄のカゴに変わっていました。

そこには管理会社がしっかり書いてあります!

(「ゴミステーション」は北海道の方言らしい。知らなかった…)

というわけで管理会社に電話してみました

no-image

ベルメゾンTDを管理しているのはそちらで間違いないでしょうか?

no-image

はい、こちらで管理しています

no-image

訪ねたときに表札がなかったので確認したいのですが、202号室に「株式会社ヒロタ」は入居していませんか?

no-image

別の方が入居されていますね…そちらの名前ではないです。個人向けの通常の賃貸アパートですので、事業所とかいった利用は認めていないです

と、アパートは会社の住所とは異なることが判明!

一応、部屋の前とか電気のメーターなども撮影してきたのですが、全然関係ない方の情報を晒してしまうことになるので写真は載せません。

事業所としての使用を認めていないとなると、そもそもここを住所として開業できないわけで、嘘の情報で登記していることが確定します。

事実と偽って登記した場合「公正証書原本不実記載等罪」に問われる可能性があります。

これは警察に連絡せにゃあなるまいて。とりあえず僕の方でも可能な限り情報を集めます。

………

この記事書くにあたり色々調べてたら「フロンティアソフト」という非正規品のOffice製品を売る別の店を見つけたんですが、やったら高評価なんですよね。

…もちろん評価が高いからといって、一般に流通していない製品を売ってれば非正規品を売ってる悪質ショップ確定です。

今回の株式会社ヒロタとは別の会社が運営しているようですが、こういう非正規品Officeを国内に流通させるショップってどれだけあるんだろうね?

と思ってフロンティアソフトについても、調べてみました。

非正規品Officeを売るサイト「フロンティアソフト」について調べてみた

買うならAmazonなど、下記リンクのマイクロソフトが正規品を販売しているサイトとして紹介しているところから買いましょう。

非正規品の Office にご注意ください。- Microsoft Office

これなら安心です。ちゃんとマイクロソフトに問い合わせればインストールまでのサポートも無償でしてくれます。

で、今回調べた内容を通報してみました

非正規品Officeを販売しているサイトを警察に通報してみた