正月の風習とか謎のマナーってなんなんだろうね?って話

no-image

正月を迎えてナンだけど、正月飾りって一体何の意味あるんだろうって思う

no-image

魔除けとかそういう意味じゃなかったっけ?

no-image

…無宗教な身からしてみると、どうも必要性を感じないんだよね…

正月飾りとか何のために買ってるの?

僕は筋金入りの無宗教です。葬式や墓参りもやる意味がわからないと思うぐらい。こう言うとけっこう驚かれます。

「周りと合わせた飾りして何の意味があるの?」って思います。飾りつけとか好きだったりコダワリとかあるならいいんだけど。

近所のスーパーでも年末になったら売られはじめましたが、価格も安っぽいもので1000円ほど、宝船の飾りで4000円もします。

どう考えても価格に見合わないでしょ

それを買う金でパチンコ行く方が倍々になる可能性があるからまだマシな使い方じゃないかと思うぐらい。僕なら本買うけどね。

no-image

いい値段するのに「どんど焼き」で数日後に燃やすのよ

no-image

そういえば使い回さないよね。エコの時代なのになんでだろう?

no-image

「風習」だからじゃない?僕この言葉すごい嫌いなんだけどね

んなもんで、僕は正月飾りを「燃えるゴミ」と呼んでます。ゴミに金出すやつの気がしれねーって。

飾り付けて得られる具体的な効果を「御利益」なんて曖昧なのじゃなくて数字を用いて科学的に説明してほしい。



2018年はマナー講師が威張ってたよねって

no-image

正月飾りにマナーがあるの知ってる?

実は、しめ縄や鏡餅を飾る期限や場所は決まっています。知らずにマナー違反している人も多いのではないでしょうか?

正月飾りの飾り付けは12月28日までに済ませなくてはならず、29日だと「9」が「苦」を表し、苦しい事や夜露死苦などヤンキーを連想させてしまうので避けるべきで、鏡餅は1月11日という奇数揃いでの確変大当たりやGOD GAMEの開始を連想させる縁起の良い数字の日付に食べることで幸運をもたらしますが、これを「鏡開き」と言ってART中に絶頂対決で鏡慶志郎を何度も叩きのめしてセット数を上乗せできるよう願いをこめているのですが、包丁で切ったりすると運を切ることになってしまうので手でちぎったり、ハンマーで割って戦神トールを崇めながら調理するのが良いとされており、実は”代々”の繁栄を願って橙を餅の上に載せるのが正解であり、ミカンを載せるのは「未完」という漫画の打ち切りを思わせるものなので勘違いされがちだが実は縁起の悪く、もちろんデコポンはDECO(データイースト)をイメージさせるため、今年何を成すこともできずOWATTE SHIMATTAとなり

no-image

うるせえ知らねえ

no-image

絶対違うでしょってものがいくつも混じってたけど…

no-image

でも縁起どうこうのマナーって基本的に思想のこじつけだよ

12月になんとなしにテレビつけたら、年賀状の挨拶で「賀正」では目上の相手を敬ってないからダメ!とか鏡餅の飾り方などの合理的でもなければ誰も知らないマナーをエラソーに特集してました。

この差って何ですか? | TBSテレビ 

この時は岩下宣子が、ゲスト含めほとんどの人に認知されていないマナー(笑)を紹介してました。

こいつに限らず、2018年は「マナー講師が謎マナーを作ってた」というのがちょくちょく話題になってました。通称失礼クリエイター

就活生だとマナー講師から「ノックは3回。2回だとトイレ」「印鑑を押す時は少し傾けて」と言われたというのがベタなネタ。僕も言われたことあります。

そしてマナー講師が一番活発になるのが年末

忘年会、年末年始の挨拶、新年会、年賀状、お歳暮などクソ面倒な行事が重なる時期ですしねえ。

ネット上で特に話題になってたのは徳利の注ぎ方。マナー講師の「注ぎ口から注ぐのはマナー違反」というのが話題になってましたね。

徳利の謎マナー、業界団体は「積極的に広めなくて良い」 「注ぎ口を使わないほうが良い」ネットで拡散 

注ぎ口のついた徳利から酒を注ぐ時は、注ぎ口から注ぐのはマナー違反――そんな噂がネットで広がっている。

このマナーは今年8月16日放送の「くりーむしちゅーのハナタカ!優越館」(テレビ朝日系)で紹介された。日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会の日置晴之専務理事がVTR出演し、徳利の注ぎ口から注ぐのは「縁を切る」という意味になるため縁起が悪い、冠婚葬祭時には避けたほうが良いと話していた。

「この部分は注ぎやすさで付けていますが、丸の切れ目、すなわち円(縁)の切れ目、また、角が立つという意味になります。縁起の良し悪しの観点から言うと悪いです。冠婚葬祭など、厳粛な場ではやめたほうが良いでしょう」

11月下旬にネットでこのマナーが注目され、物議を醸している。その多くは「聞いたことがない」「本当にあるのか」と、懐疑的な内容だ。

これに対して「マナー講師撲滅用とっくり」を生み出す陶芸家が現れかなりウケておりました。

no-image

ちょうど忘年会の時期だったし面白い試みだよね。理にかなわないマナーはこうして淘汰されていくのかも

no-image

この手の「よくわからないマナー」ってなんで生み出されていくんだろう…?

no-image

「マナーを知らない最近の若者は…」って言うためでしょ。この手のやつってテレビが積極的に流してるし

no-image

「若者の○○離れ」「近年の若者のモラルが低下傾向」とか、最初にテレビや新聞が言いたしね…

no-image

そのうち「若者の肉離れが深刻化」とか言い出しそう




no-image

ところでその筋金入りの無宗教…というか宗教嫌いは子供の頃からなの?

no-image

子供の頃は初詣行ったけどね。真夜中に同級生と会える体験がすごい新鮮だったからさ

no-image

ほぉー意外。今ならお賽銭に入れるお金について細かく言いそうだけど

no-image

賽銭をどこまでケチるか」競争してたから1円玉1枚だけしか使わなかった。それぐらいならいいでしょ?

no-image

なにその謎の張り合い…