「dアニメストア for Prime Video」は「dアニメストア」の劣化版だからやめとけ、な?ってことと作品について語ってみようや

2019年3月14日

no-image

プライムビデオとかNetFlixとか動画見放題のサービスが出てきたけど、定期的に見たくなるアニメってない?

no-image

うーん『月刊少女 野崎くん』とか…

no-image

ああーリアルタイムで見てたけど面白かったよね


created by Rinker
メディアファクトリー
¥15,188 (2019/03/18 19:26:33時点 Amazon調べ-詳細)

no-image

僕は…わりと最近の作品なら『とらドラ!』『GJ部』


created by Rinker
¥14,639 (2019/03/18 18:49:19時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥13,000 (2019/03/18 21:40:37時点 Amazon調べ-詳細)
no-image

いいねー!…ってとらドラって10年前の作品だから最近でもないような…?

no-image

そんな経ってたか…この3作品って、プライムビデオにないんだよね…「dアニメストア」なら配信してるけど

no-image

Amazonの方にも「dアニメストア for Prime Video」があるけど、なにか違いがあるの?

no-image

めっちゃ違いがある。じゃあこの差を説明してみよう

「dアニメストア」と「dアニメストア for Prime Video」の差

「dアニメストア」とは、ドコモが提供してる月額400円で2,700作品以上ものアニメ関連作品(声優のライブなども含む)を見放題のサービスです。

で、dアニメストアには直営の「dアニメストア」とAmazonから契約できる「dアニメストア for Prime Video」などがあります。

この2つの違いですが「for Prime Video」の方は視聴できる作品数が2/3ぐらいに減ってます。

さっき挙げた作品を例に挙げると、野崎くんはPrime Videoで取り扱いなし。GJ部は別料金での有料配信のみ。とらドラ!は「for Prime Video」加入必須(配信はSD画質)…と、

「for Prime Video」を契約するメリットはほとんどナシ!

せいぜいAmazon側でまとめて決済できるぐらいか?prime会員月額契約してる場合とか。

ちなみに2019年3月現在、dアニメストアなら例に挙げた3作品は全部配信してます(GJ部に至っては特別編「GJ部@」も配信中)。

あと、どっちもFireスティック対応なんで大画面で見ることも可能です。Chromecast対応はAmazonビデオ非対応なんでこれまた直営版が勝ってます。



配信されてないけど好きな作品もあるんだよねって話

no-image

でも、dアニメストアって意外と僕が見たい作品だけピンポイントで配信ないんだよね…

no-image

こんだけあって好きな作品が配信されてないとかどんだけマニアックなやつなの?

no-image

そこそこ古い作品だからしょうがないけど、一部を出すならば…

うた∽かた

created by Rinker
バンダイビジュアル
¥6,537 (2019/03/18 18:49:20時点 Amazon調べ-詳細)

鎌倉を舞台に、中学生の女の子が一夏の不思議な体験をするお話。

変身ヒロインものながら戦闘は無く、人間関係など心の葛藤をメインに描いた異色な作品。それゆえ雰囲気は暗い。

劇中曲は旅番組なんかに使われる事が多いので「音楽は聴いたことある」って人も多いのではないだろうか?

灰羽連盟

created by Rinker
Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥9,126 (2019/03/18 21:40:37時点 Amazon調べ-詳細)

背中に羽、頭に輪っかをつけた天使のような外見の「灰羽」と呼ばれる少女達が、壁に囲まれた街で働き暮らす日常を描いた作品。

「灰羽」とは何か?そもそもなぜ壁に囲まれた街にいるのか…?

…など明かされないまま終わる謎が多々あり非常に語りにくい作品。音楽や世界観にハマる人は多いが、それゆえかなり好みは分かれる。

※灰羽連盟はhuluで配信中

デジタル所さん

created by Rinker
バップ
¥5,184 (2019/03/18 21:40:38時点 Amazon調べ-詳細)

所ジョージを主人公にした5分アニメ。3DCGで描かれる人形劇のような何か

些細な理由で所さんの頭が開閉し、中からビルやミニ所さんが出てくるなど色々カオス。

BIGLOBEのCMや、かつて土曜に放送されていた「おじゃマンボウ」で知った方も多いのでは?

ヤミと帽子と本の旅人

様々な異世界を旅しながら、自身の世界から消滅してしまった愛する姉を探す物語。

主人公「葉月」の同性愛者かつシスコンで超一途なキャラは当時としてはかなり強烈だった。

時系列がバラバラになっているため一度見ただけでは作品の理解はけっこう困難。また原作がアダルトゲームのため、過激な描写もあり。

ゴルゴ13

created by Rinker
バンダイビジュアル
¥4,150 (2019/03/18 21:50:06時点 Amazon調べ-詳細)

1968年から連載が続いている言わずと知れた国民的作品。深夜帯での放送で、あまり宣伝しなかったこともあり知名度は低め。

現代に合わせた変化はある(依頼料が30万ドル→300万ドルになったり、ビデオテープがディスクに差し替わってる)ものの、濡れ場を含めてしっかり描かれている。

ゴルゴの声は舘ひろし。脇役の声優陣もかなり豪華で、内海賢二や家弓家正、青野武、石塚運昇など鬼籍に入った名優も多数出演している。

※ゴルゴ13もhuluで配信中

no-image

…まあ…なんというか…濃いね

no-image

見放題系はこういうDVD借り放題系サービスの方が良いかなーって気もしてるんだよね

ちなみにサムネの元ネタ「カウボーイビバップ」もAmazonでは有料、dアニメストアではフツーに配信されてます。

created by Rinker
バンダイビジュアル
¥18,900 (2019/03/19 00:50:59時点 Amazon調べ-詳細)

しかし映画版はdアニメストアにはありませんでした…映画も手広くカバーしてるのでちょっと意外。

超マイナー所では菅井君と家族石とかカバーしてるのに!

さて、僕のアニメトークはまだまだ続くのです…

僕がどうやってアニメにハマりはじめたか経緯を語ってみようじゃあないか