平成終わるってしつこい中で、平成のネット上のエイプリルフール振り返ってみようよ

no-image

今日で平成が終わるねえ

no-image

いや、平成が終わるのは4月30日だよ?

※天皇陛下の退位は4月30日。新天皇が即位して、新元号になるのは5月から

「平成」残りわずか、両陛下が果たした役割とは:時事ドットコム

no-image

あ…そうなんだ…

no-image

申込用紙とかで和暦表記出てくるけど「今は平成何年だ?」ってパっと出てこないのよ

no-image

普段西暦使ってるとそうなるよね

no-image

んなもんだから平成が終わるっても特別感全然ない。今気になってるのは

企業のサイト、新元号に対応しなきゃいけない中エイプリルフールネタをやるか
no-image

あー、そういえば明日エイプリルフールだ…平成最後ってずっと騒いでたから意識してなかった

平成のネット上では、4月1日は最大のお祭りでした。皆こぞってエイプリルフールネタをやるのです。

個人ホームページ全盛期は4月1日に管理人が死んだり、サイトが閉鎖して、翌日に復活したりしたもんです。…「管理人」って言葉も懐かしいよね。

※「ホームページ」とはブラウザを起動したときに一番最初に表示されるページのことで、ページが集まった場所のことは本当は「ウェブサイト」というのが正しいです。

今回はあえて昔流行ってた「ホームページ」呼びにしています



平成のネットのエイプリルフールネタを振り返ろう

あるある…というか「あったあった」ネタですね。

このあたりがわかる人はtwitterでいうところの「 」と呼ばれる方々なんじゃあないかとおもってまする。

文字が消えててドラッグで浮きあがるヤツ

例えばこんな感じ。いわゆる「あぶりだし」というやつ。

オリックス、ヤクルト、中日ファンの諸君、開幕戦見ててどんな気持ち?」←括弧内をドラッグすると読めます。

こんな感じで背景色と文字色を同じにすることで文字が消えており、アクセスすると「あれ?文字が書いてない!?」という驚きを与えられたのです。

マウスをドラッグしながらページを読み進めちゃうクセがあった人ならすぐわかりましたが、鉄板ネタでした。

かの伝説のサイト「僕の見た秩序」でもそんなネタがありましたねぇ。

僕の見た秩序。過去ログ

実は文字を見ないで読んだ方が面白いのはナイショ

no-image

今ってPC持ってない人も珍しくないから「ドラッグ」が通じない可能性もあるよね

no-image

「ピエール瀧のこと?」って言われそう

ページが閉鎖したり、管理人が死んだりしてました

「○○のホームページは今日で閉鎖します」なんてのも鉄板ネタでした。作りやすいしね。てか僕やってた。ついでに「管理人が死にました」なんてのもありました。

凝ってるところは管理人の墓が出てきました。こんな感じ。

ただ、このネタはその日1日トップページ以外にアクセスできなくなるので、利用者の立場だと一日お預け喰らう形でした。面白かったけどね。

…と、ここまでは個人のホームページあるある。



企業がやるとひと味違ってました

今と違って企業はあまり力いれてませんでしたが、一部のノリのいい会社のホームページは独特のアイデアで勝負したり別格でした。

インターネット老人と呼ばれる方なら知ってるかもしれないけど、昔からある現在死に体のASP「電脳卸」はゴノレゴになってました。

もう、ゴノレゴも知らない人多いんじゃないかな…当時こういうの見てるだけでゲラゲラ笑ってられましたよ。

特に力が入っていたのは、現在「Fateシリーズ」で日本のサブカル文化を牽引している「TYPE-MOON」です。多分明日もなにかやってくれます。

ネタ動画や、本格的な小説が1日限定で公開されたり、シネコンのようにいろいろな(架空の)映画作品を紹介してました。

ウソ映画の紹介ばかりですが、実はこのなかに後に本当に劇場で公開されたものがあったり。

created by Rinker
アニプレックス
¥9,873 (2019/04/25 23:08:25時点 Amazon調べ-詳細)

当時のエイプリルフールネタ、あるところにはしっかり保管されていたりします。

ムーングループの映画情報

あげくの果てにかなり本格的なアドベンチャーゲームが遊べたり、エイプリルフールネタで日本一レベルで気合いが入っていました。気合い入りすぎて最後までついていけなかったけど

まぁこの辺まではいわゆるけっこうギークな層。

一般層には、Yahoo!が”赤ちゃん語”で書いた「Yahooばぶばぶ」なんてのが話題になってました。

GMOは毎年のように筋肉を前面に出してたのが印象的。

こちらは2019年現在もアクセスできます。

マッスルトーク | プロバイダーならGMOとくとくBB

no-image

でも、ここ最近になってから一気に飽きられてる気がする

no-image

作る側はけっこう楽しかったりするけど、見てる方は飽きるよね。10年以上やってると



エイプリルフールネタって正直飽きられてるよね

no-image

飽きられた原因ってなんだろう?

no-image

多分この2つじゃない?

・エイプリルフールネタやるところが多すぎる
・手間をかけない企業がTwitterで手軽に面白くないネタをやる

どの会社やゲームもやるから飽きられた

10年前だったら企業の公式サイトでエイプリルフールネタやるところって限られてました。

総じて気合い入ってて新鮮さもあり、見てて楽しかった思い出があります。

一通り見て回れたし、企業もねとらぼとかメディアで取り上げられるから宣伝効果はけっこうありました。

でも今じゃやらない企業の方が珍しいぐらい浸透して物珍しさなんてありゃしない。

アニメとかゲーム系のサイトは別で、手が込んでて楽しんで作ってるのが見えて、面白いものが多いように感じます。

ブレイブルーでおなじみのアークはこんなことをやってましたね。

ポチョムキンやバングがアイドルに!? アークキャラのアイドル総選挙が開催

こういうのって作品を語る場とかで後々もネタにされつづけて活きたりしますから、やる価値は十分です。

FGOなんて去年1日限定のアプリを作ってたりします。ここまで手が込んでるのはFate関連コンテンツぐらいでしょう。

新アプリ『Fate/Grand Order Gutentag Omen Adios』が配信開始

でも本家ゲームのシステムにずっと問題を抱えてるんで「1日限定のネタより本編に力入れてくれよ」と思ったりもします。

ちなみに、スマホゲーだとほぼ必ず4月1日限定のネタイベントがあったりします。

スマホゲーユーザーは基本的に複数のゲームを平行してやってますから、これもまた特別面白くないと覚えてもらえません。

Twitterで手軽に面白くもないネタをツイートしちゃうのが寒すぎる

特設ページ作ったりするほど手間をかけられない企業も多くあります(ってか本業を圧迫するレベルで力入れたら本末転倒よね)。

そういう会社とかはTwitterで画像と一緒にネタをつぶやいてます。

Togetter見てたら誰かがまとめてるんで、各企業どんなネタを披露したのかなぁーと見ることが出来るのですが…

つ、つまんねぇ〜

とりあえず真似してみました感がすごい。

企業コラボして、ウソ商品作って大ウケ、大幅増益、一部上場から全部上場で我が社安泰ってか。んなアマいモンじゃねーよと。

シャープとタニタみたく、異業種コラボを一番最初にやったなら「今年はなにを見せてくれるのか」って期待しちゃいますよ。

でも、他の会社が真似しても二番どころか十番煎じで、さしてリツイートもされないまま忘れ去られるんですよ。

まあ、お金じゃぶじゃぶ使って企業同士競い合いやり始めて「この労力を他のことに使えないの?」って言われるより損害ない分マシですがねぇ…

no-image

さて、最初に述べたとおり、平成から元号が変わる。それでエイプリルフールネタをやっているサイトはどうなるか

no-image

だいぶ脱線したね

no-image

システム屋目線からすると、こうなんじゃないかって思うのは…

エイプリルフールネタも作り、新元号に表記対応させないといけない地獄

no-image

ネット普及したのって平成からで、今回が初めての元号変更だし。これが決算期に来るのはキツいよ…

事前に変数とかで簡単にシステム変えられるように作ってるところって多くないと思うんですよ。しかも今日の時点で何になるか発表ないしね。

…考えたくはないけど、今日で平成が終わるって思ってて明日中の元号対応を強いる企業もあったり…するんかな?

エイプリルフールネタを日付変更と同時にやってぶっ通しでシステム改修までやらされるとか想像したくねぇですなぁ。