[不当解雇]実体験から見た解雇から労働審判までの流れ

このブログでは、会社を解雇されてから労働審判で決着までの実体験を書いています。

この記事では労働審判の流れや期間について記載しております。

すべての内容は下記記事から参照できます。

労働審判についての記事まとめ

この記事では「労働審判という制度があるのは知ってるけど、どんな感じで進むの?」という内容を書いています。



最初は会社との復職交渉

労働審判は、年単位で時間がかかる可能性がある裁判よりも早く解決させることができます。

ですが、いきなり裁判所に申立書を送るのではなく、最初に弁護士さんから会社宛てに「ご通知」を送ります。

「解雇理由ですが、○○という理由で解雇無効だから復職させましょう。○○日までに返答なかったら法的措置に出ます」

という形で、この段階で送る通知文はまだ穏便に解決を図ろうとしている印象な文面です。

この最初の一歩でヘタなことは書けないので、弁護士さんと綿密に打ち合わせを行います。

弁護士さんが文章を考えて、できた文章を見せてもらって、主張する内容に間違いなどがないかを確認してから会社に送りつけます。

これには弁護士さんがどれだけ案件を抱えてるかによりますが、1ヶ月近くかかります。

会社に送ったら今度は返答を待ちます。

設定した期日(僕の場合は14日でした)までの会社の返答内容としては以下の4つです。

  1. 通知に記載の期限直前に「期限過ぎそうだけど、もうちょっと返事まってくれ」と先延ばしの連絡
  2. 「解雇取り消します、すみませんでした」と謝罪、職場復帰
  3. 会社側から「通知の主張内容には誤りがあるから解雇は有効!」と反論が送られてくる
  4. 無視

僕についた弁護士さん2人曰く一番多いのは1だそうです。

会社もヘタな返事はできませんから、社内で時間をかけて協議してから結論を出します。

中小企業など顧問弁護士がいないというケースもある(僕が相手にした会社もそうだった)ので弁護士を探し回ります。

結論が出たら、2か3の流れになります。

2は復職前提のため、職場復帰=会社に戻ることになるという一番望ましくない展開です。

さらに復職した場合の成功報酬は、復職してから1年間働いたことを想定した年収から一定の割合として計算されます。

例えば復職後の年収が500万円になりそうで、成功報酬が16%の場合、弁護士費用だけで80万円+着手金が発生してしまいます。

しかし、弁護士さん曰く一度出した解雇を撤回して戻ってきてもらうことはそうそうないらしいです。

一度解雇を出してしまった手前、社員に示しがつかない(会社が悪いと認めてしまうから)からだとか。

3の通知が送られてきたら、いよいよ会社と交渉が本格化していきます。

会社からの反論に対して再度反論を送って、反論の反論に反論してくるのを待ち…

これを繰り返してラチがあかないとなったときに労働審判を申し立てます。

4ならば返答がない以上、法的措置にすぐに移行せざるを得ない状態です。

会社側は労働審判の時に裁判官から「なんで反論もなにもしなかったの?」って深く突っ込まれることになるでしょう。

労働審判も無視するようならこちらの主張が一方的に通った審判が裁判所から下ります。



実際にかかった期間

僕の場合は通知を送るのに1ヶ月要して、14日目に会社から返答に時間がかかることを伝えられました。

会社では毎月一日が全体朝礼日で役員会議があったのですが、13日目が月の初日だったので、この時に話し合いをしたのではないかなと思われます。

返答が来たのは2ヶ月後でした。返答が来た頃には雇用保険も切れかけだったので、無視されてるのかなと思ったぐらいです。

でも会社から2ヶ月で返答が来るのはけっこう早い部類に入るらしいです。

それからは弁護士同士で水面下でやりとりしたり、お互いに書面で反論したりしていました。

交渉ではでラチがあかなくなったところ判断したところでで裁判所に労働審判の申立を行います。

裁判所に申立てして受理されたのが最初の返答が来てから4ヶ月目でした。

解雇から通知を送るまで1ヶ月、返答まで2ヶ月、会社とのやりとりで4ヶ月……

この時点で計7ヶ月かかっています。

そして労働審判を起こしました

1回目はまだ裁判長が判断を示さず次に持ち越されました。

そして2回目で解雇無効の判断。

ここで会社が「決裁権を持つ人に相談したい」と伸ばして3回目で和解成立。

労働審判は3ヶ月で終わりました。

解雇から動き出して

計10ヶ月

かかりました。裁判よりは圧倒的に短いとはいえ。時間がかかることも考えておきましょう。

ここまでの流れを図にしてみました。

僕の体験を目安として期間を書いてありますが、意外と労働審判も時間がかかるのです。